会員限定物件:0件/一般公開物件:0件/店頭公開物件:0件公開中!

スタッフブログ

宮崎のお得情報満載!住宅営業課スタッフブログ

よくあるご質問シリーズ①

こんばんは。
FRIDAY NIGHT担当の
YOKOTAです。

本日は、よくお受けするご質問のひとつを
テーマにしてみました。

今後もちょくちょくシリーズ展開していきたいと思います。

本日は、売り主様や購入されたお客様からお受けする
「固定資産税」について。

Q:地価が下がっているのに税額が上がるのは
  どうしてですか?

A:土地にかかる固定資産税は、評価額が急激に
  上昇した場合であっても、税負担の上昇は
  ゆるやかなものになるよう、課税標準額を徐々に
  是正する負担調整措置がこうじられています。

  地価が下落する中で税負担が上昇する土地は、
  本来の課税標準額に比べて、現在の課税標準額が
  低いため負担調整措置により本来の課税標準額に
  向けた是正過程にあるものです。

  したがって、、課税の公平の観点からやむを得ない
  ものと考えられます。

  なお、平成25年度、平成26年度については、
  地価の下落があり、価格を据え置くことが
  適当でないときは、据え置き年度でも価格を
  修正することとされており、地価の下落が
  評価額に適切に反映されることとなっています。
  (平成24年度 固定資産税のしおりから抜粋)

 税金については、いろいろな疑問や不明な点がありますが、
 多くの特例が設定されていることも多くありますよね。

 面倒がらずに、お近くの税務署で一番合った内容を
 ご相談してみることが、一番です。
 
 当社でもスタッフがあるて程度のアドバイスは
 出来ますので、売却をご検討中の方も是非お問い合わせください。

 今年も残りわずかです。
 ラストスパートで頑張りましょう!!

2012年12月21日(金曜日)